脇汗の黄ばみを予防する方法

脇汗で洋服に黄ばみが・・

 

薄着の季節になってくると脇汗により洋服に黄ばみが付いてしまい、悩む方は多くいます。

 

脇の部分だけ黄ばんで見えると、周りに汗っかきと思われたり、不衛生に思われてしまう場合もあります。

 

 

そんな黄ばみを予防するのに有効な方法の一つは脇汗を抑えたり、汗の質を変えることです。

 

 

まず、衣類が黄ばんでしまう原因はアポクリン腺から出る汗が関係しています。

 

人の汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺はあります。エクリン腺からはサラサラとした汗が出ますが、アポクリン腺からの汗にはタンパク質や脂質などが含まれています。

 

それらが衣類に付着することで黄ばみとなってしまうのです。

 

そのため、この汗腺から出る汗を体質改善によって変えることで黄ばみを予防することができます。

 

 

では、具体的にどうすれば汗の質を変えられるのかというと、有効なのは食生活の改善です。

 

特に脂質の多い食事をしているようなら、脂質を控えることで黄ばみの元を減少させることができます。

 

また、汗自体を抑えるために制汗剤やデオドラントクリームなどを利用するのも一つの方法です。

 

これらを使うことにより汗の分泌量を抑制することができるので、黄ばみを予防することができます。

 

しかし、中には刺激の強い制汗剤もあり、それにより脇を刺激して、かえって汗の分泌を促し、黄ばみの原因になるものもあります。

 

そのため選ぶ際には注意が必要です。

 

 

そして、汗が衣類につくのを予防することでシミを防ぐこともできます。

 

それが汗脇パッドや撥水スプレーです。

 

汗脇パッドを脇下に入れておくことで汗がつきにくくなるのでシミを防ぐことができます。

 

 

また、衣類の脇下の内側部分に撥水スプレーをしておくことも有効です。

 

このように脇汗の黄ばみを予防する方法は様々です。

 

汗自体を抑えたいのであれば制汗剤などを利用すると有効ですし、それでも心配なら脇汗パッドを加えることでダブルで予防することができます。

 

また、体質改善によりアポクリン腺からの汗を変えるのも有効です。